神典の武将(小田原)実装

【信長の野望online】マイナーちっくにお届けします 萌黄所属

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チラリと検索ワードを見ていると神典の武将実装というワードが目にとまったので今回はそのあたりについて。

どの職・特化でもそうですが、相手によって実装は細かく変えていく必要があるので、
あくまで管理人がボス用に登録している基本形にすぎません(-。-)y-゜゜゜
徒党構成や装備、覚醒の育ち具合でも変わってきますしね

・共通技能

詠唱付与・四
気合の韻・四
神恩の儀・弐
全体解呪・弐

浄化
剛神和魂・弐 (または神降)
知神和魂・弐


・特化技能

天照の光矢
入神の技
神佑弓術
扇的術
月弓還矢
【奥義】 霊祀帰神法



多くの神典が腕力魅力重視の装備を基本にしていると思います。脳筋思考の管理人は、剛神和魂の効果を高めるために基本腕力知力重視の装備で、状況によって腕力魅力重視の装備に変えるようにしてます。

腕力魅力重視の装備にするケースとしては、術止め要因として神典が行く必要があってなおかつ釣りが強いNが居る時。あとは看破の頻度が高く、剛神知神が有効に使えないために神降を使ってを付けるケースがあります。ふたつめの理由だけなら腕力全開の装備にするケースが多いですが。

小田原の陣であれば腕力魅力重視の装備で自己強化は神降を使うのが無難と言えます。争覇時代の九州武将などでは異常に堅いNが存在し、神降を入れてもダメージが出ないという涙目仕様でしたが、覚醒の導入・天照の強化などもあって今なら神降のでも良いダメージが出ます。


武将戦でまず外すことがない技能は、

詠唱付与・四、気合の韻・四、全体解呪・弐、禊
天照の光矢、神佑弓術、扇的術、月弓還矢

神恩の儀は小田原の陣では気合回復速度上昇を消してくるNが少ないので重宝します。味方の気合がきつそうなら気合の韻も入れていったほうがいいと思います。

浄化は小田原の陣では耐性低下の術が多いのでほぼ抜くことはなくなりました。耐性低下の攻撃がなければいらないものですね。

剛神和魂は自分が基本神降よりも剛神派ということと、暗殺・忍法や闘争心効果があまり出てない段階での鉄砲・武芸あたりには良いと思います。

知神和魂はメッキ用としてはもちろん、能楽のようにハッキリとした効果は見えずらいですが、固定の効果時間も伸びますし釣る力も上がる(はず)ので入れておきたいです。回復に入れて回復量UP、アタッカーに入れて釣り耐性UP、沈黙役に入れて命中率UP等いろいろな使い方ができます。

入神の技は完全に腕力覚醒(+20)目的です。小田原の陣では子守は入らないものの単体麻痺はそこそこ入るようなので金縛りもいいかもしれません。

奥義は生命覚醒目的で霊祀帰神法を基本に使ってます。余談ですがこれ、効果としてはただのLV2神降と思われます(-。-)y-゜゜゜ 消されない神降って結構使えると個人的には思ってますが 相手よっては八百万の神弓も使います。威力も高い上に物理術耐性25%低下で必中なので使いどころによっては有効です。


他に状況によって入れるものとしては不変の御手、速攻の韻、防壁の韻など。
不変は行動不能技が多い相手なら必須だし、少ない相手でも入れておいて損はない技能です。生命覚醒なのでそれだけでも入れる価値はあります。速攻と防壁はN戦でまず使うことはないですがこれも生命覚醒の為に余裕あれば入れてもいいかなと思います



 ↓ 押してもらえたら感謝の極みですm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://spoonbrilliantstars.blog60.fc2.com/tb.php/78-ca5f056f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。