知ってて損はない「天照の光矢」の特性

【信長の野望online】マイナーちっくにお届けします 萌黄所属

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は神典をやっている人なら誰でも知っている内容です。

・天照の光矢って何?

新星の章で追加された神典の主力攻撃技能。
武芸で言えば天地二段、鉄砲鍛冶で言えば土竜攻めに位置する技能。
「月弓還矢による行動蓄積状態が解除されない」という特有の性質を持っている。



・行動蓄積状態って何?

この話をする場合、本来であれば月弓還矢の説明から入らなければいけないんですが、
つらつらと書いているうちに、細かい部分まで説明すると大変なことが分かり、途中で挫折
完成したらいずれ放出するとして、今回はすごく簡単に言います。


・物理攻撃以外の行動をすると、一定のダメージ蓄積値が得られる。
(1回の行動につき 対N+1000、対人・拠点戦+500) (上限 対N+6000、対人・拠点戦+1500)

・物理攻撃をすると、蓄積された値をダメージに上乗せする。行動蓄積状態は解除される。


通常、物理攻撃をすれば行動蓄積状態は解除されてしまいますが、
「天照の光矢」だけは例外ということになります。



・天照の光矢の特性

行動蓄積状態が解除されない以外にも、ちょっと変わった特性を持っています。


・ダメージ蓄積値がある場合、天照の光矢を使用すると蓄積値は放出されて0になる。
・ダメージ蓄積値が0だった場合、天照の光矢を使用すると1行動として蓄積値が加算される。



実際の行動を例にすると、


月弓還矢 →詠唱付与 →天照の光矢 →剛神和魂 →不変の御手 →天照の光矢
(蓄積状態) (+1000) (1000放出) (+1000) (+1000) (2000放出)

月弓還矢 →天照の光矢 →天照の光矢 →天照の光矢 →詠唱付与 →天照の光矢
(蓄積状態) (+1000) (1000放出) (+1000) (+1000) (2000放出)


上の例は天照の光矢が2回に対し、下の例は天照の光矢を4回使ってます。
下の例のほうが攻撃回数は多いですが、蓄積のタイミング、放出のタイミング・量は同じです。



昔、月弓還矢は「貯めて放出する」使い方しかありませんでした。

そのため神典アタッカーを夢見ていた人達にとっては、
サポ兼アタッカーの足枷をはめられたことで不満の声が相次ぎました。

天照の光矢が追加されたことにより、
今まで通りの「貯めて放出する」スタイルとしても使いやすくなったことに加え、
「攻撃の追加ダメージ」としての使い方も出来るようになったかと思います。
イメージとしては、武芸の剣戟の構えや鉄砲鍛冶の狩猟の構えに近いです。

欠点は天照の光矢以外の攻撃技能が使いづらくなったことでしょうか。



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://spoonbrilliantstars.blog60.fc2.com/tb.php/26-33ec687d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。