アイ・アム・サム

【信長の野望online】マイナーちっくにお届けします 萌黄所属

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは
今回は全くノブに関係ない話になります。

アイ・アム・サム(I am sam)という映画をご存じでしょうか?
カテゴリーで言うとヒューマンドラマになるでしょうか。

この作品は、自分が見た中では一番感動した映画です。
そんなに映画好きではないので数多く見てきたわけではないのですけれど・・・


スターバックスで働く7歳の知能しか持っていない中年男サム(ショーン・ペン)は、ホームレスの女性との間で産まれた自分の娘、ルーシー・ダイアモンド(ダコタ・ファニング)と幸せに暮らしていたが、7歳になったルーシーはサムの知的能力を追い抜いてしまい、サムは父親として養育能力がないという判断をソーシャル・ワーカーに下され、ルーシーと引き離されてしまうというストーリーです。


評論家じゃないので細かい批評はできませんが、まず驚いたのはこの二人の演技力。

ショーン・ペンは障害者を演じているわけですが、
細かいしぐさとか本当によく研究されてるなぁと感心してしまうほどリアル。

そしてさらにスゴイのが子役のダコタ。この子は天才としか思えません・・・
おそらく当時の年齢も役と同じ7歳前後かと思われますが、
このくらいの年齢で喜怒哀楽をここまで表現できるのかってくらいリアリティーがあります。


どんなに感動させるようなストーリーの作品でもやはり演技力は重要なんだなと思いました。
YUIが今ほどメジャーではないデビュー当時から好きだったので、
「タイヨウのうた」も見に行きましたが、(沢尻エリカのほうじゃないですよ)
あれも感動するストーリーですけど、どうしても演技力が目に付いてしまっていまいち感動できませんでした。


この作品はサムのもどかしさとルーシーの複雑な心境が本当にうまく描かれていると素人ながらに思います。
良いところがたくさんある作品ですが個人的に印象深かったのは、
親権を争う裁判の中で、サムの友人もサム自身も有利になる普通の証言が出来ずに結局負けてしまう。
そしてそれまで頑張ってきたサムがついに壊れてしまう・・・というシーン。
もう、思い出しただけでウルっと

結末がありえないようなものではなくてハッピーエンドなところもよいですね~



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://spoonbrilliantstars.blog60.fc2.com/tb.php/148-95b72df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。