天授祈願の呪縛

【信長の野望online】マイナーちっくにお届けします 萌黄所属

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日久しぶりに信オンにインしてみました

神典の特化技能の強化が霊祀帰神法の待機時間のみということでモチベーションはあまり上がらなかったのですが、
強化がこれだけだった理由がなんとなく分かりました
神職に共通で追加された天授祈願が予想以上の性能だったからです。

野外で気合回復する上で以前より便利になることは予想できましたが、
戦闘中に使っても1000程度回復するという性能にはさすがに驚きましたねぇ。

ウエイトも、車とウエイト-ありで2か3らしいので短時間で終わる戦闘でも戦闘中に回復することが出来ます。
気合枠として徒党に入る分には十分事足りる性能と言って良いと思いますね。
またサポート能力に不安のあった神典にとっては大幅な改善だったと言えます。

しかしその一方で、今回の強化の方向性で開発側は詠唱・気合枠から外さない考え
ということは決定的になった気がしますね。 月弓還矢を実装してきた時点で既にそうだったケド。

徒党枠を確保するという意味では今回の強化は正解だったかもしれませんが、
神典としては少し複雑な心境になります。

以前から頭を悩ませていたのが詠唱付与の呪縛でした。
詠唱能力を持つが故にアタック能力は制限されていたからです。
そこに気合管理能力が追加されたことによって、それだけあればとりあえずおkな技能がふたつに増えました。
これによりさらにアタック能力が制限されていく可能性は高いと言わざるえない
術止め性能、間接対策を取られてもそっちの方向性は完全に無視されてますしね。
細かく考えるのめんどくさいからとりあえずこれ入れとけば問題ないっしょ という安易な考えとしか思えないんですよね・・・

徒党枠を確保するというのは大事なことなんですけど、
本当に求めている能力はどういうものなのかということをもう少し考えてもらいたいと思いました。

そういえば剣風斬も気合ダメージが抑えられてるそうですね。
メイン技能の気合ダメージを抑えるだけで使い分けさせることが出来るはずなのに、これじゃ意味なくね?とか思いました。
そうなった背景にあるのは、開発側の本来の目的がNPC強化による延命だからでしょうね。
「状況に応じて技能を使い分けさせる」というのは建前です 

特化技能を生かす方向で戦略の幅を広げたほうが本当の延命に繋がるんじゃないのか??


 ↓ 押してもらえたら感謝の極みですm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://spoonbrilliantstars.blog60.fc2.com/tb.php/116-902e17c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。